ベネフィット・ワン、診療明細データで健保財政改善:データホライゾンと提携し、5万人以上のデータ分析

ベネ・ワン、診療明細から健康支援 - 日本経済新聞

パソナグループ傘下のベネフィット・ワンは10月から、医療機関を受診した際の診療報酬明細書(レセプト)のデータを活用した65~74歳の高齢者の健康支援サービスを始める…

健康支援に関する提携の内容

  • レセプトデータに基づいた分析
  • 重症化予防に向けた生活指導の実施
  • 生活指導による効果検証

データホライゾンと言えば、DeSCヘルスケアとも業務提携を行っている会社ですね。

DeSCヘルスケアとの提携の内容

  • DeNAは、ヘルスケア事業を通じて培った「エンゲージメントサイエンス」のノウハウを有する。
  • 利用者が楽しみながらアプリを使い続け、日常生活の中で健康になれることを前提としたサービス運営やデータ分析に強みを持つ
  • データホライゾンは、自治体の医療ビッグデータの標準化、データ分析、重症化予防管理事業に強みを持つ
  • これら両社の異なる強みを結集し、自治体の国保向けの「kencom」の活用、重症化予防の教育事業、各種分析事業を実施

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です